オールインワンジェル 化粧品 ケア

オールインワンジェルタイプの化粧品は、1つあれば手軽で短い時間で肌ケアできます。しかし、使い方を誤ると思ったような効果を期待できません。そんなオールインコスメの活用法をご紹介します。
MENU

年齢肌対策に有効な成分

肌年齢とは違って、年齢肌とは何かと聞かれて、答えられる人は
どれくらいいるでしょうか。

 

肌の衰えが表面上に出てきている肌のことを、年齢肌といいます。
例えば、ほうれい線を含むシワ、シミ、肌の垂れ下がりなどです。

 

年齢肌への変化は、自分よりも周りの人から感じられることの方が
多いかもしれません。衝撃や悲しみは、指摘を受けることがあったり
しようものなら、大変なものでしょう。

 

ここでお伝えするのは、そんな衝撃を受ける前にできる対策です。

 

世間では、以下のコンディションが整っていないと若い健やかな肌とは
いえないという説があります。

 

潤い、滑らかさ、はり、弾力、血色、艶やかさの6項目で、
この最初の文字を取って、「うなはだけつ」と言われます。

 

年齢肌を予防するには、この項目に対する対策を行うことであり、
それには美容品に含まれている有効成分の力を借りましょう。

 

具体的には、レチノール、EGF、プラセンタエキス、ビタミンCの誘導体が
「うなはだけつ」に効き目を発揮します。

 

強い肌と粘膜を作り出すレチノールは、βカロチンやビタミンAでもあります。
シワを改善するのに有効なこの成分は、食べるもの、美容品、どちらからでも
摂ることができ、潤いの保持と代謝を促進するのに力を発揮します。

 

人の肌に元からあるEGFは、美容品で補給しなければ年を取るごとに
減少していってしまうものです。レチノールと同じく肌の代謝を促進するので、
肌の若さを保つために有効です。

 

EGFと共に含有していると相乗効果を見せるIGF、FGFという成分もあり、
これらはEGFと似た作用を肌にもたらします。

 

豊富な効能で役に立つとされるプラセンタエキスには、今関心を寄せられている
働きがあります。それは、肌を新しく生成する細胞を増量させるという働きです。
その働きの他、美しい肌に導くため、肌代謝を早め、肌荒れを防ぎます。

 

酸化を防ぐ強力な作用があるビタミンC誘導体。
酸化した細胞がもたらすのが肌の衰えなので、これはエイジングケアに
ピッタリの成分です。是非積極的にケアに取り入れたいですね。

 

年齢肌を改善に導くには、上記成分をお手入れに役立て、「うなはだけつ」の条件を
揃えていく努力が欠かせません。

 

年齢肌の始まりはみんな違います。

 

その人の生活習慣や生活環境によって変わってくるものなので、常に
「うなはだけつ」の条件を心がけてお手入れすることにより、
予防・改善になることは間違いありません。

 

シワが目立つようになったなあと落ち込むのではなく、前向きなお手入れで、
年齢肌を食い止めていきましょうね。
母乳にいいハーブティー

このページの先頭へ